マンション1戸のホームインスペクション(住宅診断)

人生で最も高い買い物とされる"マイホーム"。購入後にトラブルになったり、 後悔しないためにも、その住宅に問題がないかしっかり調べることが大切です。
特に、中古住宅を検討されている方は、入居後に不具合が発生しないか不安 な気持ちで購入されていると思います。
そこでオススメするのが 『ホームインスペクション(住宅診断)』です。
住宅に問題がないか、専門家がチェックして「ホームインスペクション報告書」 を発行することで、 「買う人」「売る人」それぞれにメリットが生まれ、安心して 中古流通を図ることができます。

「ホームインスペクター」という仕事は欧米で生まれました。一般の消費者が不動産を買う前に、「ホームインスペクション」という業務を委託する資格者を指します。日本語では、「住宅診断」を行う「住宅診断士」と訳すのが適当でしょう。
 この仕事は、すでに完成している住宅、またはすでに人が何年も住んでいた住宅について、消費者がその住宅の価値を判断するための情報を提供するものです。
 物件を購入するにあたり、不動産業者が作成したチラシ程度の資料しか無いことも多々あり、購入者にとって不安なまま取引をすることがあります。
 ホームインスペクションの目的は、詳細な調査を実施するものではなく、主に不動産取引前に住宅の状態(コンディション)を把握するために、比較的安価な費用で、医師による健康診断的なものを実施することにあります。

ホームインスペクション 価格表(税別)

中古マンション 【 報告書あり 】 50,000円
【 報告書なし 】 40,000円

中古一戸建て 【 報告書あり 】 65,000円
【 報告書なし 】 55,000円
天井裏(オプション) 20,000円
床下(オプション) 30,000円

宅地建物取引業法に対応する既存住宅状況調査 価格表(税別)

マンション 【 報告書あり 】 50,000円
確認済証交付日が1999年4月30日以前の建物でコンクリートの圧縮強度試験をする場合 40,000円追加

一戸建て 【 報告書あり 】 60,000円
設備配管調査(オプション)   5,000円
天井裏(オプション) 20,000円
30,000円
床下(オプション)

フラット35(中古)適合証明書の発行 価格表(税別)
※鉄骨造・軽量鉄骨造の一戸建て住宅については、お問合せください。

マンション

一戸建て (木造)
建築確認日が昭和56年6月1日以降 60,000円
建築確認日が昭和56年5月31日以前 80,000円


※建築確認日が昭和56年5月31日以前の物件の場合、間取りや形状によっては、適合証明書の発行ができない場合があります。
 事前にお問合せください。
※マンションの場合、調査日が「長期修繕計画」の期間外のときは適合証明書の発行はできません。
※現地調査には「天井点検口」「床下点検口」が必要です。調査の結果、是正事項がある場合があります。

マンションの健康診断(定期点検)

大規模修繕は劣化状況の把握が必要

鉄筋コンクリート造の税法上の耐用年数は47年とされています。しかし、コンクリートの中性化、強度の低下、鉄筋の腐食、ひび割れなどを防ぐことによって、鉄筋コンクリート造の物理的耐用年数は飛躍的に伸びることになります。 マンションの場合、1回目の大規模修繕の実施時期は、およそ9年~16年目になっています。多くの場合、平成20年6月に国土交通省から公表された『長期修繕計画標準様式・長期修繕計画作成ガイドライン』などを参考に、ある一定の期間の経過をもって、管理会社からの提案で大規模改修が行われるものと思います。

瑞穂運動場
日本ガイシホール


鉄筋コンクリート系のマンションでは、構造体のコンクリートの状態を健全な状態に維持していくことが、マンションを長く使うための秘訣になります。そのため、立地条件や屋根・外壁の仕上げなどが異なるマンションにおいて、時間が経ったので大規模修繕を行うという発想は、マンション入居者の賛同を得られるものではありません。
そこで、マンションにおいても定期的な健康診断(定期点検)をおすすめします。
建築基準法第12条では、一定の用途・規模を満たす公共建築物について、建築物及び建築設備の劣化状況の定期点検(12 条点検)が義務づけられました。(平成17年6月1日)


建築物の管理者または委任を受けた者は、定期に一級建築士等の資格を有する者に、建築物(敷地・構造など)及び建築設備等について、損傷・腐食・劣化等の点検をさせなければなりません。
(ちなみに、共同住宅は3年ごとの定期点検が義務付けられています。)
定期点検の期間は、管理組合の判断により異なると思いますが、3年~5年毎にマンションの定期的な健康診断(定期点検)をして、指摘部分のメンテナンスを行うことで、長い間安心して暮らせるマンションになると思います。

芸術創造センター
マンションの健康診断(定期点検)費用

マンションの健康診断(定期点検)費用

※100戸を超えるマンションおよび、高層マンション、免震マンションについては別途お見積りさせていただきます。
ご希望に応じ、お申込み前に理事会に出席し、サービス内容のご説明やご相談を承ります。
(1回まで無料※一宮市近郊以外の場合には別途、交通費がかかります)

クリアスコープによる配管カメラ調査

マンションの大規模修繕の実施と同じように、排水管の高圧洗浄清掃も定期的に行われています。
あるマンションでは毎年、あるマンションでは3年毎に・・・
マンションの管理組合総会で決定されています。

前章でもお伝えしましたが、時間が経過したので大規模修繕を行うとか、時間が経過したので排水管洗浄を行うというのは、入居者の賛同を得られるものではありません。
そこで、『排水管洗浄の実施を判断するための事前調査』をご提案します。

事前に、排水管の配置状況や排水管の材質を確認し、マンション内からピックアップした住戸の雑排水管(キッチン・洗面化粧台・浴室)を、クリアスコープによるカメラ撮影を行い、あわせて排水管洗浄を行い、洗浄後のカメラ撮影を行います。

これにより、排水管洗浄の実施前の状況がわかるとともに、排水管洗浄の効果が目で見ることができます。とくに、入居者の多いご家庭をピックアップすることで、排水管洗浄の実施判断が容易になります。
配管も経年劣化をおこします。毎年、排水管洗浄をすることで"つまり"が無くなるかも知れませんが、それと引き換えに配管の劣化が進みます。 マンションを長持ちさせるためにも、ぜひ事前調査を行ったうえで、必要な時に排水管洗浄を行うことをおすすめします。

クリアスコープ 洗浄の実施風景 クリアスコープによる排水管カメラ調査費用